強烈な個性

革シートの車

痛車は自動車のカスタマイズの一つとして最近では定着してきました。自動車に自分の好きなアニメキャラクターなどのステッカーやデカールを貼り付けたり、直に描いたりして作られます。 そんな痛車製作時に掛かる費用は、どのくらいの面積に描くかでざっくりと決まってきます。また、直に描くのかステッカーを貼り付けるのかでも変わってきます。例えば、自動車全体に有名な人に直にアニメキャラクターの絵を描いて痛車を作って貰う場合には、デザイン料なども込みでかなりの金額が掛かります。 一方で、ステッカーを自作して痛車をつくってしまえば、それほど費用は掛かりません。ステッカーを自作して、カラーリングもそれほど凝ったモノにしなければ、15〜30万円程度が相場となっています。

痛車製作時に掛かる費用は最近では減少傾向にあります。これにはいくつか理由があります。 一つ目は痛車が一般化した事で、製作を行う業者が増えたたためです。これによって、価格競争が進み値段が減少傾向になってきています。 二つ目は、ステッカーや塗装などの技術の発達によるものです。痛車製作時に使用するステッカーやデカールは、大きな物でもかなりの精度できれいに製作できるようになってきています。そのため、以前は車体に直接ペイントしていたものがステッカーに置き換えられるようになっています。これによって、製作に掛かる工数や、技術的な制約が少なくなってきています。 以上のような理由から、痛車は以前に比べて手軽に製作できるようになっています。